0歳からお金の勉強

10か月から始めたお金の勉強について

2022年5月31日

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションが含まれています。

10か月からお金の勉強始めました

子育てがちょっと落ち着いた6か月頃。

赤ちゃんの頃からお金の勉強させたいけど、どんなことしよう。

と色々調べてみるとまずはいつからするの!?

となって10か月頃からが良いと判断しました。

詳しくはこちらをみてね↓

10か月ころから始めようと決心しました。

でも、家事も育児もあって本当にできるだろうか。

と不安になりました。

けど、子どもにとって知らないよりはいい。

自分の出来る範囲で伝えていこうと思いました。

家事、育児、仕事。

この3つの重労働が私には大変だけども

やりがいがある!!

子どもの笑顔で頑張れます!!

フラッシュカード作成

まずは何から始めようかと思って色々調べました。

私が始めてみたいと思ったのが、

『フラッシュカード』です!

A子さん

『フラッシュカード』って何?

どんなことするの?

『フラッシュカード』とは、イラスト・

文字などを書いたカードを次々に

子どもに見せて覚えさせる方法です。

素早くカードを見せることで右脳が

活発化し、感性・記憶力を司る右脳が

刺激される。

子どもの学習能力が高められる幼児

教育に用いられています。

マネスタぱんだ

なるほど~、フラッシュカード、いいね~!

早速フラッシュカードをおうちで作成しました。

自作のフラッシュカードの作り方

①クリアファイルを用意する。

②パソコンでお金の画像とお金の名前を入れる。

③印刷してクリアファイルに挟む。

たったこれだけでフラッシュカードが出来ました!

なぜ作ったかというと、お金のフラッシュカード

が売ってなかったからです。

くまなく検索すればあったのかもしれませんが

私には見つけれませんでした( ゚Д゚)

①お金のフラッシュカード

まずは『お金のフラッシュカード

こんな感じで作成しました。

1円、5円、10円、50円、100円、500円。

1,000円、2,000円、5,000円、10,000円。

10種類用意しました!

これをひたすら何回もめくっていって繰り返す!

声に出して「1円、5円、10円、50円、、、。」

10か月なので飽きてすぐ動いたりするけど

めっくて見せています!

②数字の桁(単位)のフラッシュカード

もう一つは『数字の桁(単位)のフラッシュカード』

子どもの頃言いませんでした?

「いーち、じゅう、ひゃく、せん、まん!」

ってやつです!笑

作成したのは、

1,10,100,1,000、10,000

100,000(10万)、1,000,000(100万)

10,000,000(千万)、100,000,000(1億)

9種類用意しました。

将来1億円稼げる子どもになってほしいと希望を

乗せまして1億まで作成しました。

上の子どもはこれなぁに?と興味深々でした。

「お金のカードだよ。覚えておこうね!」

と伝えると「はぁい!」と元気に

お返事してくれました。

まずはできるところから。

子どもの興味をひくものをを作っていく。

出来る時にやる!

毎日やるとか決めてもいいけど

忙しくてバタバタした時は出来ない時もある!

小さなことからやってみよう!!!

  • この記事を書いた人

マネスタぱんだ

『子どもにおうちでお金の勉強』 税務関係の事務所で事務系の仕事を20年以上勤務。 自身に子どもが出来たことで投資診断士と FP(ファイナンシャルプランナー)2級の資格を取得。 マネー教育をお家で実践中。 ↓Follow me♡↓

-0歳からお金の勉強
-, , ,